気がつかないうちにしてしまっている?30代40代婚活女性の特徴的行動【2】

前項に引き続き、30代40代の婚活女性がしてしまいがちなことを挙げてみましょう。

婚活パーティの参加者を眺めて「いい人がいない」と嘆くよりも、まず我が身を振り返ってみましょう。

* 自分を持ち過ぎている

柔軟性にかけてくるということでしょうか。

自分のライフスタイルが確立してしまい、それを崩されることを嫌ってしまいます。

また「自分一人の時間も充実させている女性は魅力的」というものの、あまりに楽しんでいる自分をアピールしてしまうと「この人、一人で生きていける人。。。」と思われてしまいます。

婚活の場は微妙な部分もありますので、兼ね合いが大事です。

また「おねぇさん気質」というのでしょうか、年下男性が言う事を「バッサリ」否定しまうということもあります。

本人は楽しいかもしれませんが、相手にしてみたら「いけすかない」と感じてしまいます。

「教える姿勢」と「小馬鹿にする姿勢」は違います。

人様を尊重することを忘れそうになる年齢でもありますので、そこは気をつけましょう。

感謝の気持ちを忘れない

* 必要ないものは切り捨てる

婚活に際し男性に対して「スペック」や「外見」ばかりを重視するような傾向を持ってくるのも30代40代の女性です。

20代は「全てを条件としてもお相手がみつかりやすい年齢」と言われていますが、30代40代になるにつれて難しくなるのは現実です。

それでも条件を重視すれば「追いかける婚活」になるのは必至。

「時間がないのよ」と言わんばかりに、眼中に無い男性を瞬時に切り捨ててしまうという暴挙に出てしまうことも。

「関心を持ってくれる人がいるウチが花」といったらもともこもないのですが、「関心を持ってくれる男性」に対して少し優しい態度で接してみましょう。

刺々しさが少し柔らかくなり、そこから女性的な魅力も滲み出てくるものです。

ちょっと大きな話になりますが、「人に感謝」ということにも繋がりますよね。

婚活に「ありがとう」という気持ちを持つと、周りの人もその気持を受け取ります。

余裕が無いギスギスした雰囲気は人の心を荒ませますが、「ありがとう」の心は安らかにさせるものです。

そういった気持を大切に婚活を続けてみると、出会いの質も自ずと変わってくものですよ。